ある人が夢の中で、天国と地獄を同時に見たそうじゃ。
そこには二つの輪になって座っている人達がおり、それぞれ輪の中央には大きな皿にたくさんのご馳走が盛ってあり、一人ひとりが長い箸を与えられ、自由に食べられるようになっている。
一つの輪を見ると全員が食べ物をつまんでいるが、箸が長すぎて自分の口に運べずに悶々としている。
もう一方の輪では、皆がニコニコと笑いながらおいしそうにご馳走を食べている。どっちが天国でどっちが地獄か。長い箸で食べるにはどうすればよいのか賢いみんなにはすぐにわかるはずじゃ。
しかし、食べられずに悶々としている人にはわからない。自分の事ばかり考えているからじゃ。思いやりの心があれば答えは簡単に見つかる。
そう、人に食べさせてあげるのじゃ。みんながそれに気が付くことで幸せになれる。幸せになる秘訣は、優しい気持ちを持つことじゃよ。
それが愛というものじゃ。









第一回 第二回 第三回 第四回 第五回
第六回 第七回 第八回 第九回 第十回
第十一回 第十二回 第十三回 第十四回 第十五回
第十六回 第十七回 第十八回 第十九回 第二十回
第二十一回 第二十二回 第二十三回 第二十四回 第二十五回
幸せになるためのお話
NO.20