日日点灯で家の中が明るく

これといった不自由もなく、かといって「幸せ?」と訊かれても、「はい、そうです」と言えない今の生活。時折、心に広がる理由のない不安感。体の変調をお医者様に診てもらっても「どこも悪くはないです」と、ひと言。主人は、更年期のせいじゃないか?と言ったきり何もわかってくれない。
どうすればいいの。
そんなとき、友人より「点灯の集い」を知りました。はじめは何も分からないまま、友人の家に招かれ点灯の集いに参加しました。集まった人たちは私の話を真剣に聞いてくれ、それは私にとって嬉しいことでした。
そして、「日日点灯福寿無量天降の救世寿」と唱えると心の雲が晴れていくのがとても不思議でした。何回か集いに参加した後、自分の家でも点灯の集いを行いました。
その日、仕事から帰った主人が「蛍光灯変えたのか?明るいな」と言いました。
私は、嬉しくって思わず合掌しました。 











第一回 第二回 第三回 第四回 第五回
第六回 第七回 第八回 第九回 第十回
第十一回 第十二回 第十三回 第十四回 第十五回
第十六回 第十七回 第十八回 第十九回 第二十回
第二十一回 第二十二回 第二十三回 第二十四回 第二十五回
幸せになるためのお話
NO.16