幸せになるためのお話

 「あなたにとって、幸せとは何ですか?」とたずねてみると、ある人は、「きれいな服を着て、高級な家に住むこと」と答え、またある人は、「結婚をして明るい家庭を築くこと」と答えるでしょう。
人によって幸せの尺度は違いますが、私たちは誰でも幸せになりたいと願っています。
 しかし、これらの望みは、心が安定していなければ意味をなしません。なぜなら、どんなに物質的に恵まれていても、心が不安定な状態では、それを喜び・楽しむことはできないでしょう。

 多くの人は、これらを外的要因から来るものと考えます。しかし、その原因が自分の心にあるということをあなたは知っていますか?人の心には生みだす力があり、喜びの心を持って生活すると、そこからは新たな喜びが生まれ、自分の心も周りの環境も明るく・楽しいものとなります。逆に、怒りや悲しみ、ねたみなどが心に渦巻くと、その想いはますます増大し、心は不安定となり、周りに起こる出来事も暗く・悲しいものとなるのです。これらについては、対人関係などがきっかけとはなっていますが、実は全て自分の心が生み出しているものだったのです。



明るく幸せになるための実践

@ 心の創造力を研く

人の心は生み出す力をもっていますから、願いをもって常に正しい行動をすること。そうすれば、より良いものとして結果が現れます。

A 自己中心的にならない

物事を正しく解釈するには、相手の立場になって、客観的(第三者)に物事を判断することです。これにより、お互いの考えや理解が深まります。

B 心をプラスに切り替える

私たちは日々の生活の中で、怒りや悲しみの心を起こさないようにしようと思っても、なかなかその通りにはできません。しかし、思いやりをもって明るく謙虚に生活することを心掛け、それを習慣づけていけば、自然に怒りや悲しみなどは心から消え、自分の心も、人の心も、広く・明るく・楽しいものとなっていきます。 これは、「心のはたらき」のほんの一部を解説したものです。これらはすべて心の法則にかなったはたらきですから、あなたが、信仰をしていても、していなくても、これを実践していけば、心は向上し、今より一歩さらに一歩と幸福へ近づいていくことができます。


宗教の果たす役割とは、こうした「心のはたらき」を通して、人間・人生の本来あるべき姿をたずね、宇宙の法則(神の心)による大真理の中で生かされていることを知り、人類が永遠の平和を築くことを願いとしています。 幸せは、あなたの心より始まります。そしてあなたの心によって創られます。










NO.01
第一回 第二回 第三回 第四回 第五回
第六回 第七回 第八回 第九回 第十回
第十一回 第一二回 第十三回 第十四回 第十五回
第十六回 第十七回 第十八回 第十九回 第二十回
第二十一回 第二十二回 第二十三回 第二十四回 第二十五回